猫に食べさせてはいけない食物

食事中、おねだりされるとついついあげたくなります。
しかし、人と体の作りが異なる猫にとって、害になる食物もあります。
少量でも猫にとって良くないものを例にあげます。
この他にも、人の食べ物には猫の栄養バランスを悪くする要因がいっぱいですので基本的には与えないようにした方が安全です。

[ねぎ類]
玉ねぎ・長ネギなどのネギ類には、血中のヘモグロビンを破壊する成分が含まれていて、貧血を引き起こすことに。加熱しても消えないので玉ねぎが入ったハンバーグやネギ類を煮込んだものなども与えてはいけません。

[チョコレート]
カカオが含まれているテオブロミンによって、少量でも中毒を起こすことがあります。

[生のエビ・生の貝・生のイカ、タコ]
季節にもよりますが、ビタミンB1を分解する酵素チアミナーゼを含むことがあります。この酵素は加熱すれば働かなくなるので、加熱調理したものは問題ありません。

この他、生の卵白、牛乳、香辛料、生肉、蜂蜜なども猫に与えるのは避けたほうがいいです

関連記事

  1. 猫用・犬用名刺作成始めました!

  2. さくらちゃん

  3. 写真撮影会

  4. 猫の防災

  5. 本日は大安なり!

  6. ほしくずと猫展

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント